2019年3月26日火曜日

「ライオン・キング」と「ジャングル大帝」



今年の夏に,ディズニーのアニメーション「ライオン・キング」の実写版映画が公開されるとのことです。

「ライオン・キング」は,1994年に公開されたアニメーション映画で,アフリカの壮大な自然を舞台に、若きライオンの王子シンバの成長と闘いを描いた作品。

監督は「アイアンマン」シリーズや「ジャングル・ブック」を手がけたジョン・ファブロー。

「ライオン・キング」を見ると,手塚治虫の「ジャングル大帝」のパクリではないかと思う。

実際,パクリ疑惑が当時にあって,手塚治虫を敬う漫画家の里中満智子が,ちばてつや、藤子・F・不二雄、水島新司、永井豪、モンキー・パンチなどの漫画家の署名付きでディズニーに質問状を送っている。

ただ,手塚治虫の死後、著作権を管理している手塚プロダクションと遺族は仮に盗作だったとしてもディズニー側と事を構えない事を決めている。

まあ,世界のディズニーに認められているのだから,良しとするところかも。

内容的には,「ライオン・キング」は動物の世界だけに終わっているが,「ジャングル大帝」は人との交流にまで踏み込んでいて,その持っている世界観は格段に壮大に思える。




2019年3月25日月曜日

完熟シークヮーサー収穫しました。



庭にあるシークヮーサーが,黄色になったので,収穫しました。

7年前に植えた木ですが,毎年つける実の数が増えてきて,昨年50個くらいだったのが,今年は,たぶん,200個くらい。

沖縄の言葉で,「シー」は「酸い」、「クワス」は「食わし」「食べる」の意味。「酸っぱい食べ物」ということ。

シークヮーサーは,ふつう青い状態(青切り)では,ジュースを絞って,お鍋にポン酢として使ったり,お酒で割ったりして使いますが,完熟させると普通のみかんのように黄色になります。

実の大きさは,3センチくらいの小ぶりです。青い時は,レモンくらいの酸っぱさですが,黄色になると,酸味は減り,甘くなります。皮が薄いのが特徴です。

たくさん採れたので,マーマレードにしようと考えています。うまくできたら,また報告します。






2019年3月19日火曜日

食中毒「アニサキス」が今ヤバい



「アニサキス」による食中毒が増えているそうです。2018年の食中毒の報告件数のうち、アニサキスによる中毒が、ウイルスや病原菌を抜いてトップになったとのこと。

アニサキスは寄生虫(線虫)の一種。長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えます。生きていればしっかり動きます。

サバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類に寄生します。今問題になっているのは,特にカツオ。

寄生している魚介類が死ぬと、内臓から筋肉や皮下に移動します。死んでから時間が経っていると,内臓を捨てても身の方に来ているわけです。

生きたアニサキスがついた魚介を食べると,胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。

食後数時間後から十数時間後に、みぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を生じます。腸まで行くと激しい下腹部痛、腹膜炎症状を引き起こします。

もしやと思ったら,できるだけ早く病院に行きましょう。

胃にいる場合は,内視鏡で胃壁に食らいつく虫体を見つけ取り除きます。腸まで行くと,除くのが困難なので,虫が死ぬまで頓服薬しかないですが,場合によっては,お腹を開ける外科手術もあります。

もともとアニサキスは,クジラやイルカ等の海洋哺乳類で成虫になる寄生虫で、その幼虫はサバ、イカ等の魚介類に寄生します。

アニサキスは,目視できる大きさなので,包丁を入れる前や食べる前に確認して除くのが一番です。

酢じめくらいのお酢では死にませんので,注意が必要です。魚介を冷凍するか,加熱すれば大丈夫。

参考は厚生労働省ココ




2019年3月18日月曜日

17年付き合ったプレコが星に😭



長年付き合った熱帯魚のプレコが逝きました。

17年前に,2センチくらいの小さなプレコを他の熱帯魚と一緒に飼い始めました。

たぶん,セルフィンプレコの雑種で,水槽のコケ取りとして入れました。他の熱帯魚は,寿命が短くいなくなったり,新たに追加したりする中,プレコ(名前はコっちゃん)だけは,生き続けました。

長生きでは,2番目のエンゼルフィッシュも4代目になっています。

体長は,30センチを超える大きさになった頃,水槽に入れてあった流木の尖った先端に当たったのか,目の下に大きな傷ができ,鱗がなく白くなった10円ハゲができました。

また,年とともに背骨が曲がり,鮎の串焼きのように曲がっていました。

背びれも,内部の骨の間の膜がなくなり,数本棒を突き立てたような背びれになっていました。

10年くらいのところで,エサの前に食事の合図としてプラの容器をカンカンと叩いてやると,いつもの場所にやってくるくらいに学習するようになりました。

今年年明けから,なぜかカンカンと叩いても寄って来なくなり,エサをやっても食べるところを見れない状態でした。

つい最近は,なんとなくゼイゼイしているようになって,おかしいなと思っていました。

今日の朝には,エサが悪いのかと思い,新しいのを封を切ってあげました。それも食べていないようで,夕方みると,固まっていました。

しばらくペットロスに陥りそうです。
😭😭😭😭😭😭😭😭

昨日撮った写真。


2019年3月17日日曜日

案外知らない:陶器と磁器の違い



焼き物の、陶器と磁器、同じものと思っていたら全く違うものでした。

まず、見分け方から。
  • 陶器は、釉薬が塗られて様々な色になっているのに対し,磁器は大抵白色で透明感がある。
  • 陶器は、水を通す。漏れ出てくるという意味ではなく、次第に水分を含んできます。細かな穴があるからです。一方、磁器はガラスのように全く滲みません。
  • フチを指ではじいてみると、陶器は鈍い音がする。磁器はピンピン、カンカンとかガラスや金属の音がする。
  • 高台が茶色くざらついているのは陶器、白くてなめらかできれいなのは磁器。

陶器と磁器では、使う原材料が異なる。陶器の歴史は原始時代の土器で、粘土を形にして焼いたもの。一方、磁器は長石が主成分の石を粉にして水を加え粘土状にしたものを形にして焼いたもの。

というわけで、陶器を「土もの」、磁器を「石もの」と呼ぶとのこと。

陶器は、800~1250度で焼くのに対し、磁器は1200~1400度とさらに高温で焼く。磁器の方が均一な微小の粉でできていて、高温で焼き固めるので、陶器のように内部に微小な穴ができることはなく水を通すことがない。

陶器は、信楽焼き、萩焼き、備前焼きなど。磁器は、伊万里、マイセン、青磁や白磁など。