2018年7月11日水曜日

あたり外れが「大きい」「多い」どっち?


文章を書いて困った困った。当たり外れが「大きい」と「多い」どちらが正しいでしょうか?

迷ってごまかすなら、「当たり外れがある」でしょうね。

英語だと、「It is like a lottery」「You can't tell whether it is good or bad」「They have hit or miss」など。

調べていて、思わず吹いてしまったのは、「It is a Chinese value」という翻訳があったこと。中国製品は lottery(宝くじ)みたいなものなのかも。

反対語を考えてみましょう。

「当たり外れがある」の反対は、「当たり外れがない」でだいじょうぶですね。

「当たり外れが小さい」と「当たり外れが少ない」どちらもあありますね。

そこで、Googleで「当たり外れが大きい」と「当たり外れが多い」を入れて、検索数を調べると、1330万件と2070万件でどちらもかなり多い。

どうも、どちらを使っても大丈夫なんでしょう。