2019年1月19日土曜日

フライパン考:鋼板と鋳鉄の違い



フライパンを新調しようと思っています。

これまで使っていたのは,アイリスオーヤマのステンレスフライパン。耐摩耗試験で100万回をクリアした特殊コートということでしたが,1年も経たずにコートがダメになってしまいました。

最近のTVで,「魔法のフライパン」というのが説明されていました。普通のフライパンは,鋼鉄の板を型抜きして変形させて作るところ,「魔法のフライパン」は鋳鉄で作ります。

鋼鉄と鋳鉄の違いですが,炭素含有量が異なり,鋳鉄は2.14%以上と多く,一方鋼鉄は炭素含有量が少ない。炭素を多くすると硬くなるがもろくもなる。

鋳鉄は,高温で液状に溶かし型に流して固める鋳物にする。型に入れるので,あまり薄くできないのが欠点で,結果としてフライパンだと重くなる。

これを乗り越えたのが,「魔法のフライパン」で,厚さが1.5ミリにまで薄くした。その結果,かなり軽いフライパンになっている。

結果,200℃に達する時間は、44秒とダントツに短い。ステーキを焼く時,お肉の表面に素早く焼き目ができ内部はジューシーに仕上がり旨味を逃さない。

コーティングがないフライパンは,焦げ付きを防ぐため,メンテナンスが必要です。洗剤で洗わず,常に油となじませておく必要があります。タワシなどでこすってぬるま湯で洗った後,素早く水分を拭き取り,油を塗っておく必要があります。

「魔法のフライパン」の納期は、約2年半以上とのこと。(Amazonで3倍くらいの値段で売っていますが。。)

そんなに待てないので,もう少し調べてみます。



2019年1月18日金曜日

「長崎ちゃんめん」と「リンガーハット」は同じ?



前々から,「長崎ちゃんめん」と「長崎ちゃんぽんリンガーハット」は同じものかと,勝手に疑っていました。

というのは,どちらも建物の屋根の上に赤いとんがり屋根があって区別できないから。

この両者,経営は全く別の会社。長崎県のいわゆる「長崎ちゃんぽん」という料理は,中華料理を参考にして長崎で考案されたもの。このちゃんぽんをチェーン店で初めて展開したのが,「長崎ちゃんめん」。

株式会社ジー・ネットワークスが,山口県山陽小野田市で1号店をスタートする。この会社は,「おむらいす亭」や中華料理の「敦煌」も外食チェーンとして展開した。現在は,名古屋に本社を置くジー・テイストに吸収されている。

ジー・テイスト傘下には,「村さ来」「とりあえず五平」「壁の穴」「焼肉屋さかい」「カルビ大陸」などその数は80を超えるチェーン店がある。

一方,リンガーハットは,株式会社リンガーハットが経営していて,傘下にはとんかつの「濵かつ」もある。実は,この会社は,「濵かつ」からスタートしている。

リンガーハットの名前は,長崎グラバー邸のそばに建っている「リンガー邸」を作ったフレデリック・リンガーという英国商人の名前にあやかったもの。

ちなみに,医学で使うリンガー(リンゲル)液は,フレデリックの兄のシドニー・リンガーが発明したもの。

「リンガーハット」のハット(hut)は小屋とか小さな家という意味。ピザハット(Pizza Hut)の「hut」も同じで,「ピザの小屋」という意味。

というわけで,「長崎ちゃんめん」と「リンガーハット」は,全く別物でした。面白いのは,「長崎ちゃんめん」のお店は長崎県にはないのです。




2019年1月17日木曜日

凧揚げではなくイカあげだった



正月や冬の風物詩の凧揚げも,今はほとんど見なくなりましたね。

凧揚げの習慣は,平安時代中期にはもうあったみたいで,和凧は竹の骨組みに和紙を張って紙の尾をつけたもの。

ところで,凧揚げの「タコ」は,あの海の生物の蛸でしょうか?凧が「タコ」と呼ばれるのは,凧がいくつもの長い紙の尾を垂らしている姿かららしい。

実は,もともと「イカ」「いかのぼり」と呼ばれていたのが,関東では「タコ」と呼ぶようになった。

凧は,英語では鳥のトンビ、フランス語ではクワガタムシという意味と同じ。

中国でも,トンビとして呼ばれいて,歴史的には軍事目的で,鳥に似せて敵に悟られないように味方に合図を送るのに使われていた。

現在の中国語では,「風箏」。「風の琴」という意味で、もともとは凧に笛をつけ、飛ばすと琴のような音色が聞こえたそうです。

さて,日本で「イカ」が「タコ」に変わった逸話があります。「いかのぼり」が江戸時代にブームになって,喧嘩が絶えなくなり死者が出る始末。

幕府は,ついに明暦元年(1646年)に「いかのぼり禁止令」を出します。それでも止められない庶民は,足を増やして「イカ」ではなくて「タコ」と屁理屈で反発。

その結果,「イカ揚げ」でなく「タコ揚げ」になったとさ。


2019年1月16日水曜日

今年の恵方巻きの方角?2019年



まだ早いですが、もうすぐに節分(2月3日)。節分は、季節を分けるという意味で、その翌日が「立春」で、暦的には春ということになります。今年の恵方は「東北東」。

「恵方巻き」は、節分にその年の縁起のよい方角(恵方)に向かって、丸かぶりで食べると縁起が良いととのこと。無言で、時には目をつぶって、願い事を思い浮かべて食べる。ところで、この習慣、そんなに昔からなかった。

「恵方巻き」の名称は、1998年(平成10年)にセブン・イレブンが全国発売にあたり、商品名に採用したことによるらしい。それ以前は「丸かぶり寿司」などと呼ばれていて、 関西がもともと由来らしい。全国に広がったのは、コンビニやスーパーの企てらしい。

「恵方」の意味ですが、歳徳神(としとくじん)がいる方向のこと。歳徳神は、陰陽道で、その年の福徳を司る神のこと。恵方に向かって祈ったり食べるのは、この歳徳神に今年の吉をお願いしていることになる。

太巻きには、7種類の具材が使われており、商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので福を巻き込むという意味があるそうです。



恵方巻

2019年1月15日火曜日

「こんにちは」vs「こんにちわ」:どっち?




メールを出していて、突然「こんにちは」と「こんにちわ」どちらか正しいか、迷ってしましました。

こんな時は、ググってみるとよいです。「こんにちわ」1,116万件、一方「こんにちは」は1億5,800万件と出てきます。多数決で、「こんにちは」が勝ち。

実際,日本語として正解は、「こんにちは」。挨拶の「今日はご機嫌いかがですか」の短縮が「こんにちは」だから。

ちなみに、「おはよう」は、「お早いお目覚めですね」の短縮。また、「こんばんは」は、「今晩はいい夜ですね」の短縮。というわけで、「こんばんは」が正しく、「こんばんわ」は正しくない。

「こんにちは」をさらに短縮して「こんちわ」「ちわ」と言いますよね。それで,「こんにちわ」と間違いやすくなるようなんですが,元々の意味を考えると、やっぱり「こんにちは」を使いたいところです。




2019年1月14日月曜日

「檄を飛ばす」80%の人が間違って使っている



昨年秋、文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、皆が勘違いしている慣用句が紹介されていました。

以下はどちらが正しいでしょうか?

問題1「なし崩し」について、(例文:「借金をなし崩しにする」)

  1. なかったことにする
  2. 少しずつ返していくこと
問題2「げきを飛ばす」について、(例文:「社長が部下に檄を飛ばした」)

  1. 元気のない者に刺激を与えて活気づける
  2. 自分の考えを広く人々に知らせ同意を求める
問題3「やおら」(例文:「彼はやおら立ち上がった」)
  1. ゆっくりと
  2. 急に、いきなり
問題4 どちらの言い方を使いますか?
  1. 采配を振る。
  2. 采配を振るう。


答えは、
問題1は、2。
問題2は、2。
問題3は、1。
問題4は、1。

言葉は、時代とともにだんだん変わっていくものかもしれないですが、それぞれに由来があるので、やはり正しく使いたいものです。




2019年1月13日日曜日

今年の梅の咲き初め 2019.01.13



うちの庭の「紅梅」が咲き始めました。昨年の開花を調べてみると2月23日とかなり遅かったですが,例年は2月の初旬から中旬。




暖冬で,今日の気温も10度を超えていたので,開花も早まっているみたい。

今年は多分,あと1週間もすれば満開になるでしょう。そういえば,TVによると,日本海の萩ではすでに満開とか。

気象庁が発表している梅の開花前線(ココ)を見てみると、すでに松山,高松では12月に開花しているらしい。

庭には,12月から「蝋梅(ろうばい)」が,透明感のある黄色の花を咲かせていて今が満開(↓)。こちらは,「梅」という名前がつくが,クスノキ目ロウバイ科で,バラ科の梅とは種類が全く違う。




2019年1月12日土曜日

これは便利:TV用の学習リモコン使用のその後



もう少し前、学習リモコンの便利さについて書きました(以前のBlogココ)。かなり便利です。

学習リモコンというのは、TV、DVD、HDDレコーダー、スピーカーなどのリモコンの信号を学習させて一つにまとめることができます。信号がコピーできるのです。

そうだったのですが、購入した学習リモコンのメモリーに限界があり、登録できるボタンに限界があって、実は全部のボタンを学習させることができませんでした。

仕方なしに、さらに大きなメモリーの学習リモコンに買い換えることになりました。

買ったのは、ソニー製のRM-PLZ430D、最大5台の機器の操作可能。学習させる方法は、前のリモコンと同じで、赤外線リモコンと学習リモコンの出射口を合わせて、学習リモコンに信号を学習させ、それぞれのボタンの機能を指示していく。

前のリモコンに比べ、学習の失敗がなく連続で学習させることができる。すごいのは、シーリングライトのリモコンも学習させることができたこと。

たくさんリモコンがテーブルにある人はまとめるのに便利でしょう。また、案外リモコンはボタンが動かなくなったり壊れやすいですが、そうなってからだとメーカーの同じものを手に入れるしかないですが、値段が安くないし,古い年代だと手に入らない。

比較的値段の安い、学習リモコンに学習させておけば、バックアップにもなる。


2019年1月11日金曜日

そうなんだ:「ジョリパス」は山口が発祥



パスタ専門店「ジョリーパスタ」は、実は山口県が発祥。

もともと、1971年に広島 と山口県で自動車ディーラーの「卜部グループ」が,「株式会社サンデーサン」を立ち上げる。

ファミレス「サンデーサン」の1号店が,徳山店。パスタ専門店「ジョリーパスタ」もチェーンとして別営業を始める。

牛丼チェーン店「すき家」,ファミレス「Coco's」等を運営する外食産業大手のゼンショーがサンデーサンに対してTOB を実施し,ゼンショーグループに入る。

ゼンショーグループには,ファミレス「Coco's」があるので,最終的にファミレス「サンデーサン」の一部は「Coco's」に統合され,残りは消滅することになった。

残った「ジョリーパスタ」を会社名として,パスタ専門のチェーン店になっていった。

「ジョリーパスタ」は,現在日本全国に展開していて,2018年9月末現在241店舗。ゼンショーグループが64%と筆頭株主。

今年の夏から,「ジョリパス」ではパスタのテイクアウトをスタートしています。 パスタとソースがセパレート容器になっていて,食べるときに混ぜ合わせるようになっています。




オススメ「うにぼなーら」


2019年1月10日木曜日

そうなんだ:ダイコンの茎はどこ?根は?



ダイコンの美味しい季節ですね。うちの菜園でもダイコンが大きく育っています。

もう地面からダイコンの3分の2が地面からニョキッと伸びています。その上に葉っぱがあります。

根から直接葉が出ているように見えますが,ダイコンの茎はどこにあるでしょうか?

ダイコンの表面をよくみると,ダイコンの細った先端側から小さな窪みが,両側2列縦に並んでいて,そこから細い側根が伸びています。側根があるところが「根」です。

この側根が無くなったところから「葉」が生えているところまでが,「茎」です。ちなみにジャガイモの食べるイモには側根がないので,「根」ではなく「茎」です。正確には「地下茎」。

色水にダイコン浸けて吸わせると,根から導管を伝わって導管に色がついていきます。ダイコンの場合,導管は表面のすぐ下数ミリのところに走っています(参照ココ)。

導管の部分は硬いので,ダイコンの表面を包丁で厚めにむいて料理に使いますよね。

ところで,カブの場合,細い先端のところだけに「根」が生えています。カブの白い部分はほぼ「茎」。つまり、ダイコンはほぼ「根」を、カブはほぼ「茎」を食べていることになります。

最後に,ダイコンは「先端の部分」、「中央部分」,「上の部分」で使い分けするのが良いです。先端の方が辛く繊維が多く、上にいくほど甘くなります。

「先端の部分」は,お味噌汁や漬け物に,「中央部分」は鍋物や煮物に,「上の部分」は大根おろしや生食にするのがオススメです。


収穫期のダイコンは葉を残しておくと「す」が入るので,葉を取ってありますが,右側が上側。黒矢印が側根。

2019年1月9日水曜日

訃報:「兼高かおる」さん逝く



「兼高かおる」さんが,5日、心不全のため東京都港区で亡くなった。90歳だった。

兼高さんは,兵庫県神戸市生まれ。父親はインド人。香蘭女学校では黒柳徹子の先輩にあたる。ロサンゼルス市立大学に留学。ジャーナリストとしてジャパンタイムスなどで活躍。

「兼高かおる世界の旅」という番組で,ナレーター、ディレクター兼プロデューサーを行う。今の「世界ふしぎ発見」のように,世界中を紀行 案内する番組だった。

「兼高かおる世界の旅」は,1959年12月から1990年9月にかけて30年10か月という長寿番組。

TBS系列局で毎週日曜日朝に放送された。さらに,2007年からTBSチャンネルで再放送されています。

この番組は,子供の頃によくみていた番組で,兼高さんの上品な日本語が今も耳に残っています。(実は,彼女は亡くなった私の母に似ています)

最近,久々に兼高さんのお顔をTVで拝見して,若い時しか知らなかったので,その変化に驚いていたところだったのですが(まあ,御年90歳なので,仕方がない),ご冥福をお祈りいたします。


2019年1月8日火曜日

水量がスゴイ: 関之尾滝



昨年12月に,鹿児島県まで出かけた時のものです。

関之尾滝(せきのおのたき)は、宮崎県都城市関之尾町にある滝。日本の滝百選の一つ。

都城の駅から,車で20分くらいの所で,鹿児島県との県境。大淀川支流の庄内川にかかる。

大滝、男滝、女滝の3つからなり、大滝は幅約40m、落差18m。その水量が素晴らしく多い。

滝のすぐ前に吊り橋がかかっていて,そこからだと滝の迫力が一層増します。

滝の上流には,九州では耶馬渓とここにしかない珍しい「甌穴(おうけつ)」群がある。

「甌穴」というのは,川の中にある岩に丸い穴がいくつも空いているもので,水流による侵食のために窪みができ,さらにその中に入った小石が渦で回転して,球状の大きな穴になったもの。

動画も載せました(↓)。


2019年1月7日月曜日

映画紹介:「バーフバリ 伝説誕生」「バーフバリ 王の凱旋」



映画の製作本数で,世界一は実はインド。

ハリウッド映画ならぬボリウッドと言われるくらいインド映画は,たくさん作られています。ちなみに,2位がナイジェリアで,3位が米国,4位が中国,そして5位が日本。

インド映画も,だんだん世界進出し始めていて,今回紹介する「バーフバリ」は世界的大ヒットになっています。

インド映画といえば,途中で脈略なく,たくさんの美男美女が出てきて歌ったり、踊ったりというのが特徴ですが,考えてみれば,米国のミュージカル映画も同じようなもの。

さて,「バーフバリ」ですが,前編の「バーフバリ 伝説誕生」と後編の「バーフバリ 王の凱旋」からなっています。

勧善懲悪のヒーローものアクション大作ですが,米国のスーパーマン,アイアンマン,スパイダーマンなどいずれも変身する前の人物は,性格が変な人が多いですが,こちらは完全無欠のヒーロー。

前編の「バーフバリ 伝説誕生では,巨大な滝の下にある村で育った子供のシブドゥは、滝の上の世界に興味を持ち、ついに滝の上へとたどり着く。

滝の上には,暴君バラーラデーバの統治する王国があった。シブドゥは、25年間幽閉されている実の母の存在と、自分がこの国の王子バーフバリであることを知る。

後編の「バーフバリ 王の凱旋」では,王子が滝の下に捨てられた事情が分かる。王子の父親のバーフバリが英雄になりながら,異母兄弟のバラーラデーバによって暗殺される。

インディージョーンズやハムナプトラを思い出す活劇と迫力あるアクションが見所。CGもふんだんに使われ,香港映画並みの殺陣もあって,展開はテンポよく,見ていて飽きさせない。

流れる音楽は,日本のコブシの効いた演歌調のところもあり,引きずり込まれる。また,歌舞伎の見得を切るのと同じように,カッコよく決まったポーズで映像が静止するシーンも(↓)。

もう少し前に,ご紹介したインドの女子レスラーの映画も面白いですが(ココ),この「バーフバリ」は,一押しの映画です。




2019年1月6日日曜日

インドカレー店「シバ」に行ってきた



お正月に,山口市にあるインドカレー店「シバ」に行ってきました。

どこに行っても,インドカレーのお店を見つけると入ってしまうほどスパイシーなカレーが好きなんですが,その中でも「シバ」は一番気に入っています。

「シバ」には,もともと山口駅の側にあった頃から通っていますが,その後サンルートホテルの1階に移り,さらに現在の9号線沿いの場所に移動。

今回は,チキンカレー,ナン,チキンティッカマサラを注文。辛さは,5レベルを指定。

食べ方は,ナンの三角形の細い方から。1口サイズ(7-8センチ)に小さくちぎって窪んだ船を作り,カレーをすくいます。

もしくは,スプーンで窪みにカレーや肉を入れます。ちぎったナンをただカレーに浸けて(ディップして)食べている人がいますが,これでは美味しさが半減。カレーたっぷりで食べるのがベスト。

ところで、ナンの三角形はインド国土の形なんだとか。

平日なら,サラダやスープが付いているランチセットがお安くて オススメです。


2019年1月5日土曜日

初詣:赤田神社にお参り



今年の初詣は,吉敷にある「赤田神社」に行ってきました。

小さな神社なので,HPなんかないのかと思っていたら,ちゃんとあります(ココ)。

それによると,「赤田神社」は周防五社の1つで,約1,800年前に出雲大社から大己貴命(大国主命)を分霊してできたとのこと。

現在の社殿は、江戸時代中期から後期の建立されたもので,本殿は「三間社流造り」とのこと。

ちなみに,「三間社流造り」というのは,神社建築様式の1つで、正面の柱が4本、柱間の間口が3間あるもの。

人だらけの神社と違って,並ぶこともなく静かにお参りできるのが良いです。福笹と福銀杏を無料でいただきました。銀杏は,社内にあるイチョウの木のものです。







2019年1月4日金曜日

そうなんだ:チョコボールの「キョロちゃん」ヒストリー



「クエッ,クエッ,クエッ,チョコボール」のCMでも知られる森永製菓のロングセラー菓子「チョコボール」ですが,マスコットは最初から「キョロちゃん」ではありませんでした。

1965年、「チョコボール」の前身である「チョコレートボール」が最初に発売されます。

パッケージには「キョロちゃん」ではなく、当時の人気TVアニメ「宇宙少年ソラン」に登場する「チャッピー」というリスが描かれていた。

1967年,「ピーナッツボール」「チョコレートボール」「カラーボール」の3種類が発売され、パッケージには「キョロちゃん」が初登場!

「キョロちゃん」は,当時人気だった喋る鳥のインコや九官鳥がモデルかと思いきや,公式設定では「架空の鳥」とされている。

この年,「おもちゃのカンヅメ」の前身、「まんがのカンヅメ」も登場。カンヅメの中には,マンガのミニ本やおもちゃが入っていた。それ以前から,グリコにはおもちゃ,カバヤキャラメルにミニ絵本のおまけがもらえた時代だった。

1969年,「チョコレートボール」改め,「チョコボール」に改名。ピーナッツ味とソフトキャラメル味の2種類になる。パッケージの上のサックを引き上げるとクチバシが現れた。

この年,「おもちゃのカンヅメ」のシリーズが正式スタート!

1974年には、現在と同じ,上部のくちばしだけを起こすパッケージに変更。

実は,「キョロちゃん」の名前がはじめてパッケージに印刷されるのは,1991年になってから。

2013年,ピーナッツキョロちゃん、キャラメルキョロちゃん、いちごキョロちゃんの3匹ユニット「キョロちゃんズ」が,デビュー。

最近,NHK「チコちゃんに叱られる」に登場するカラスの「キョエちゃん」がなんとなく音も似ていて,「キョロちゃん」を思い出すのは,私だけでしょうか。



2019年1月1日火曜日

謹賀新年:2019年:亥年



新年あけましておめでとうございます。

皆様にとって今年もよい年でありますよう、お祈り申し上げます。