2019年1月11日金曜日

そうなんだ:「ジョリパス」は山口が発祥



パスタ専門店「ジョリーパスタ」は、実は山口県が発祥。

もともと、1971年に広島 と山口県で自動車ディーラーの「卜部グループ」が,「株式会社サンデーサン」を立ち上げる。

ファミレス「サンデーサン」の1号店が,徳山店。パスタ専門店「ジョリーパスタ」もチェーンとして別営業を始める。

牛丼チェーン店「すき家」,ファミレス「Coco's」等を運営する外食産業大手のゼンショーがサンデーサンに対してTOB を実施し,ゼンショーグループに入る。

ゼンショーグループには,ファミレス「Coco's」があるので,最終的にファミレス「サンデーサン」の一部は「Coco's」に統合され,残りは消滅することになった。

残った「ジョリーパスタ」を会社名として,パスタ専門のチェーン店になっていった。

「ジョリーパスタ」は,現在日本全国に展開していて,2018年9月末現在241店舗。ゼンショーグループが64%と筆頭株主。

今年の夏から,「ジョリパス」ではパスタのテイクアウトをスタートしています。 パスタとソースがセパレート容器になっていて,食べるときに混ぜ合わせるようになっています。




オススメ「うにぼなーら」