2016年4月22日金曜日

美祢の弁天池の名水が濁る:地震の影響?

ローカルな話ですが、名水百選に選ばれる山口県美祢市の別府弁天池が白っぽく濁り、底が見えなくなっているそうだ。

専門家は原因不明としているが、熊本地震の影響としか思えない。熊本県内で最大震度7と大変だったが、山口県内各地も震度4で揺れた。

普通の時の弁天池は透明度が非常に高く、底から水が湧き出るのがみえるほど。水に含まれる成分のせいか、少し青い色をしている。水温は14度と低く、夏の暑い時に訪れるとこのあたりは涼しい。水は無料でいただけるので、飲み水用に汲みに多くの人が訪れる。

この水を使って、池の横には鱒の養魚場があり、釣りをしたりもできるし、鱒の料理もいただける気持ちのよい場所。

大雨や台風でも濁ることはない。以前に濁ったのは、2011年の東日本大震災の時だそうだ。東北の地震の影響がこんなに離れたところまで来るのに驚く。今回の震源地の熊本からも近くはない。

弁天池の水は秋吉台から地下を通って流れ込んできていると思うが、地震で土壌にある裂け目が変化して土壌が流れてきたのだとしか考えられない。

弁天池

写真はカルスト日記さんより(ココ

山口ブログ
広島ブログ