2020年2月13日木曜日

ホテルベッドのピシッとなった「上シーツ」はどうする?



旅行などでホテルに泊まって,いつも思うのは,ベッドの掛け布団カバー(シーツ)がマットレスにしっかりはさまっていて,それを全て外して寝るべきか,はさまった状態を保って,隙間で寝るべきか,です。

日本だけでなく,外国に行ってもベッドの掛け布団カバーはやはりマットレスにしっかりはさまっています。

宿泊客の体が直接接するところを上下のシーツにすれば,マットや毛布,布団は汚れずに済みます。

シーツの間に寝るとして,マットレスにしっかりはさまった上のシーツを大きく外すのが正しく,ゆるめず隙間で無理に寝ると体にストレスがたまります。

ホテル側の気持ちとしては,ピシッとすることが綺麗に見えておもてなしかもしれませんが,客から見れば案外の力を入れてシーツを外すのは面倒なんです。

ところで,このような行き違いには逆もあって,和式のお部屋の場合,翌日使った布団をたたんで綺麗にする人がいますが,宿側から見るとたたんだ布団を一度広げる必要があり,逆に手間がかかるそうです。