2019年12月1日日曜日

B級グルメの「B級」の意味?



「B級グルメ」の「B級」の意味ですが,「A級」でない2流という単純な意味だと思っていました。

「B級グルメ」は、1985年頃から使われるようになった言葉で,2006年ころには,地域おこしのために使われ始め,地域オンリーワンの料理を「B級ご当地グルメ」と言うようになってきます。

「B-1グランプリ」の初回大会が2006年でした。地方活性化で,どの自治体にも地方キャラクターが生まれ,「ゆるキャラグランプリ」が開催されるのも同じ時代。

ただ,「B級グルメ」は地域で昔から伝統的に作られてきた料理というわけではなく,新しく創作したものも多いですね。

「B級グルメ」を英語に直訳すると,B-grade gourmet くらいでしょうが,説明としては,a casual and delicious dining enjoyable with reasonable priceくらいかしら。

「B-1グランプリ」の「B」は,実は,「Brand」のBだそうです。というわけで,「B級グルメ」の「B級」は,「Brand」のBでもあるそうです。

「B-1グランプリ」に登場する「B級グルメ」は,中国地方はあまり多くなく,備後府中焼きを広める会,津山ホルモンうどん,ひるぜん焼そば,出雲ぜんざい,鳥取とうふちくわ,など。

ちなみに,11月24日に明石市であった「B-1グランプリ」の優勝は,三重県津市の「津ぎょうざ」でした。