2019年8月10日土曜日

「ペルセウス座流星群」11日から見頃



毎年、多くの流星が流れる3つの流星群「しぶんぎ座流星群」「ふたご座流星群」「ペルセウス座流星群」は、「三大流星群」と呼ばれています。

流星群は、彗星が放出したちりが地球の大気にぶつかり光を放つ現象で,その飛び込んでくる「放射点」の方向に,「ペルセウス座流星群」の場合,ペルセウス座があります。ペルセウス座から飛んできているのではありません。

「しぶんぎ座流星群」は,1月4日頃,「ふたご座流星群」は12月14日頃,そして,「ペルセウス座流星群」は、お盆の時に見られます。

通常,いずれも1時間あたり数十個の流星が流れるのが見えます。

今年は,11~13日の夜が見頃です。

ここしばらく,台風の影響で空気が済んでいるので観測しやすいと思います。

外に出て寝転がってみるのがベスト。見つけたらお願い事をするいい機会かも。