2019年8月15日木曜日

美味しいスイカのの見分け方はコレ!



美味しいスイカの見分け方です。NHKのガッテンでやっていた内容も含めています。

よくスイカを叩いてその音で,熟しすぎて空洞ができていないかを判断すると言いますが,間違です。叩いた時の音の高低では判断でません。

正解は,やはり叩いて判断するのですが,スイカを両手で持ち、片方の手でスイカを叩きます。反対の手に振動が伝わると空洞がないアタリのものです。

内部に空洞がある場合には,反対の手に振動があまり伝わりません。

スイカをお店で購入する場合は,ちゃんと熟してから収穫しているので,上の空洞チェックに加えて新鮮さを確認します。

スイカの鮮度は、つるを切った「ヘタ」をみます。新鮮なものは切り口が緑色ですが、黒くなったものは鮮度が落ちている証拠です。

うちのように,スイカを栽培している場合には,熟すタイミングも判断しないといけません。

ヘタの周りが盛り上がり、ヘタが少しへこんでいるもの。縞模様がくっきりし、緑の部分が盛り上がり、触るととデコボコが感じられるものを選びます。

ついでに,スーパーで売っている「カットスイカ」の場合の見分け方。種のまわりに隙間がある方がよく熟れて甘いです。

最後に,丸いスイカの切り方。中心が頂点になるように包丁を入れていきます。縦半分の縦半分、更に横半分、と切り進めたら、一口大に切り分けます。(参考ココ