2019年9月19日木曜日

「ナマケモノ」の深い意味



動物に「ナマケモノ」というのがいますが,英語でも「ナマケモノ」なんでしょうか?

英語で「ナマケモノ」は,「sloth」だそうです。「怠け者」の意味もあるそうです。

ドラゴンクエストに出てくるモンスターの「ビッグスロース」(↓)は,この「sloth」が由来。

「ナマケモノ」は,ほとんど動かないので,1日に8〜10gの果物や野菜を食べるだけ。外気に合わせて体温を変化させる,哺乳類では珍しい変温動物(他に,ハダカデバネズミも変温)なので,基礎代謝も低いとのこと。

ちなみに,英語で「怠け者」はいろいろな言葉があって,「lazy person」「idle person」「couch potato」「slacker」「sluggard」など。

「idle」は,車のアイドリングと同じ。「sluggard」の「slug」はナメクジ。

「couch potato」は,ソファー(カウチ)の上に転がっているジャガイモということで,カウチに寝そべってTVを見てダラダラしているところから名付けられました。