2019年9月4日水曜日

自転車のチェーンが伸びて:チェーンを短くするDIY



自転車に乗っていると,ちょっとした段などのガタンという振動でチェーンが外れやくなってきていました。見ただけでチェーンが伸びています。

自転車屋さんに行って直してもらう前に,自分で出来るかやってみました。

チェーンを見るとかなりたるんでいます。チェーンのたるみを取るには後輪の軸の辺にあるネジを左右両方締めることで1センチくらいは調節できます。

ただ,今回はこの調節ネジをすでに最大まで回していて,調節出来る伸びよりさらに伸びています。こんな場合,チェーンを全部交換するそうですが,チェーンの鎖を1つ減らす方法もあります。

これには,特殊な道具が必要ですが,案外簡単にできます。チェーンカッターというもので,アマゾンで899円で購入しました。

方法ですが,チェーンにはつなぎ目があって,スプリングクリップで繋がっています。これをずらして外します。次に片方の末端の鎖のピンをチェーンカッターのネジを回して抜き取ります。

鎖1つを外して,またスプリングクリップで繋いで,チェーンを自転車のギヤにはめます。

上の方で書いた調節ネジで最終調整して終了。

自転車屋さんに頼むと,チェーン交換することになり,相場は2,500円以上になります。











スプリングクリップを外したところです。チェーンのつなぎ目にあるクリップ(右上)を見つけてスライドさせて外します。