2017年5月17日水曜日

「のいち動物園」で珍しく動くハシビロコウに会う


高知県に行った時に、動物園に寄ってきた。

高知県立「のいち動物園」は、高知県香南市野市町にある。高知市の西にあり、高知龍馬空港からだと車で10分くらいのところ。

少し前、リニューアルした常盤公園の動物園に行って、大きい動物がいなくて少しがっかりしていたら、ここの動物園は立派でした。今風になっていて、動物は小さなオリの中にいるのではなく、自然の雰囲気の中でのびのびしていた。広い敷地だからできるのかも。

ライオンこそいないが、ヒョウ、クマ、キリン、シマウマなどの定番もいる。

注目は、ハシビロコウ。西日本では、神戸王子動物園と「のいち動物園」だけ。動かないのが有名で、ほとんど銅像のような鳥とされている。

ところが、「のいち動物園」のハシビロコウは違う。しっかり動いてくれて、飛ぶ姿まで見れて感激!

もう1つ目玉は、ビントロング。ジャコウネコ科の動物で、タヌキに似た顔をしていて、木登りが得意で、太い尻尾で木を捕まえることもできる。ビントロングという名前は、マレー語で「熊のような猫」。


山口ブログ
広島ブログ