2013年10月19日土曜日

大気汚染、PM2.5 に発がん性 WHO研究機関が見解

世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は10月17日、大気汚染そのものに発がん性があるとする見解を発表した。人口が多い新興国で大気汚染が進み、戸外で汚れた空気を吸い込む機会が増えているとして、警告を発した。(朝日新聞)

IARCはこれまで、ディーゼル車の排ガスなどに発がん性を指摘してきたが、大気汚染全体に発がん性を認めたのは初めて。フランス・リヨンで開いた専門家会合で、百万人規模の疫学調査を精査し、1千以上の科学論文を検討した結果、「汚れた大気に触れると肺がんになる」とするのに「十分な科学的根拠がある」と判断、五つある発がん性分類で一番危険な「発がん性がある」(グループ1)に位置づけた。アスベスト(石綿)やたばこと同じ分類。2010年は、大気汚染が原因の肺がんで、世界で22万3千人が死亡したとのデータも示した。

さらに、中国・北京の大気汚染で注目された微小粒子状物質PM2.5などにも発がん性があると認定した。PM2.5が体に悪いことはずっと言われていたがWHOでも認められたことになる。(PM2.5については以前のblogへ)