2017年4月19日水曜日

トランプ米大統領のいう「レッドライン」

これまで聞いたことがなかった。「レッドライン」という言葉は、「忖度(そんたく)」とともに、今年の流行語大賞の候補になるかも。

トランプ米大統領が、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして、「レッドラインを越えた」として、ミサイル攻撃に出た。

いたいけな子供を化学兵器で殺害したというのが、トランプ米大統領の最大の「レッドライン」だったようだ。

「red line」は英語で、「越えてはいけない一線」という意味。アイスホッケーのリンクのセンターラインの赤い線が元来の意味。

朝鮮半島の周辺に原子力空母カール・ビンソンや潜水艦を展開するなど即応体制を整え、北朝鮮への圧力も強める米国だが、もし北朝鮮が核実験をしたりミサイルを飛ばして、米国の「レッドライン」を超えると、北朝鮮への攻撃が始まるかもしれない。

それが分かって止まる理性が北朝鮮に残っていればよいが、もしないと日本も巻き込まれる戦争になるかもしれない。

北朝鮮を御せる中国に平和的にこの緊張を止めてもらえればよいが、今の習近平ではムリかも。日本に向けられた北朝鮮の連続ミサイルに対して、日本には迎撃する能力はあると思えない。

この危機を乗り越えるには、日本は政治的にしか守れないはず。国会は、森友問題にムダな時間を費やしている場合ではないと思う。

日本に3度目の原子爆弾を経験する日がやってこないことを祈りたい。



山口ブログ
広島ブログ