2018年8月9日木曜日

「ビッグカツ」「カープカツ」いろいろある駄菓子「カツ」



駄菓子で「〇〇カツ」とつくのがいくつもある。広島の人にとっては、「カープカツ」が身近でしょう。

広島県呉市の1973年設立の「株式会社すぐる」は、「ビッグカツ」「カープカツ」「ビッグうまかつ」など同じようなカツの駄菓子を製造販売している。原材料はスケトウダラなどの魚肉のすり身が使われている。





他にも同じような製品はたくさんある。

○ 「BIGカツソース味」
    茨城県にある株式会社「菓道」が製造し、「うまい棒」と「キャベツ太郎」を販売している株式会社「やおきん」が販売している。とんかつソース味になっている。



○「ジャンボカツ」
  珍味やつまみで有名な株式会社「なとり」が製造。白身魚のすり身等をシート状に伸ばし、パン粉をつけて香ばしく揚げてある。カレーの風味とソースの味がマッチした濃厚な味わいのソースかつです。



○「ソースカツ」
「いかの姿あげ」で知られる神戸の珍味製造会社「合食」が作っている。




○「ビッグ揚げ柳」「おやつ揚げ」
 香川県高松市の「香西食玩株式会社」が製造していた。スティック状にしたカツ。しかし、2013年に会社が廃業で販売中止。しかし、「株式会社すぐる」が「おやつ揚げ」という名前で同じ内容のものを継続している。




○「アイドルかつ」「メガトンソースかつ」
 広島の株式会社「全珍」が製造している。

まだまだありそうですが、いずれも白身魚のすり身でできたシートをフライにしていて、だいたい同じ。これだけ似た物が複数の会社から出ていると、互いに特許とか商標とか問題にしないのですかね。