2019年4月22日月曜日

かっぱえびせんの「かっぱ」のワケ



カルビーの「かっぱえびせん」のネーミングの「かっぱ」はなぜでしょうか?

「かっぱえびせん」は,東京オリンピックが開催された1964年に発売されました。えびを小麦生地に練りこんだ画期的スナックで,当時大ヒット。

カルビー株式会社は,もともと広島県の松尾糧食工業株式会社が前身。1949年最初の商品は「カルビーキャラメル」と、なんとキャラメルで「カルビー」という名前を最初は使っていました。

「カルビー」の名前は、当時の日本人に不足していたカルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語。

会社は,1955年に「カルビーキャラメル」の次に「かっぱあられ」を発売します。当時清水崑作の「かっぱ天国」が人気で「かっぱ」ブームだったとのこと。そこで,会社は,清水氏にかっぱのキャラクターを商品のパッケージに描いてもらいました(↓)。

「かっぱあられ」は,「あられ」は米から作るところを,初めて小麦から作ったところが画期的だった。これにエビを練りこんで作ったのが,「かっぱえびせん」。

というわけで,「かっぱえびせん」の「かっぱ」は,漫画「かっぱ天国」が由来です。