2017年12月3日日曜日

スクープ:覆面パトカーがいた! 山口宇部道路


これまで何度も山口宇部道路を利用していますが、初めて覆面パトカーを発見!

山口から乗って、阿知須を過ぎたところの路肩に、捕まった車とともに止まっていた。

写真(↓)の前の車が覆面パトカー。車種はたぶんトヨタ「マークX」。天井にパトランプが点灯していた。捕まえる時につけるのでしょうね。

警察でなければ、「なりすまし」は犯罪なのに、覆面パトカーは合法というのはおかしいと思います。

ネズミ捕りも同じ。正義を守る警察なのですから、こんな姑息な方法はどうなんでしょうね。オービスのように、設置してある手前で必ず警告を出して、それでも悪態をつく車を捕まえるのが正々堂々としてよろしいと思う。

提案があります。問題のある運転をしている車に、最近流行りの「イイね」の逆で、「ダメでしょ」を周りの車や通行者がネットに上げる。いくつか「ダメでしょ」ポイントがたまると警察のブラックリストに載るようにする。

そして、警察からその車の所有者にブラックリストに載ったという通知が行く。警告の意味だけで罰則まではしない。自分の運転に問題があることを自覚してもらう。

罰則を与えると、悪意のある人が「ダメでしょ」をいっぱい出すかもしれないから。

いかかでしょうか?


前の車が覆面パトカー。ドラレコに撮れていた。