2018年5月17日木曜日

訃報:西城秀樹逝く


西城秀樹が亡くなった。

昭和の歌謡曲が全盛期の時代に輝いた歌手だった。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれた。(ちなみに「御三家」は、橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦)

ハウス食品「バーモントカレー」のCMでは「ヒデキ、感激!」などのキャッチコピーがお茶の間の人気になった。

1974年の「傷だらけのローラ」が一番印象的だが、1979年の「YOUNG MAN」が最もピークの時だったかもしれない。「絶唱型」と呼ばれた歌唱スタイルが印象的だった。

48歳の時に最初の脳梗塞を発症。8年後の2011年に再発した。それからは、右半身のまひと、会話をする時の言葉に障害が残った。

それでも、デビュー45周年の節目となった昨年まで、精力的にコンサートのステージに立ち続けた。

16日、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなった。若すぎる死で残念です。