2019年2月23日土曜日

南沙織,森高千里の「誰もいない海」は防府にあった



たまたま知ったお話。

1971年6月に発売された南沙織のデビュー曲「17才」,そしてそれをカバーしたのが森高千里1989年。

この曲の歌詞に出てくる「誰もいない海」は,南沙織が沖縄出身ということで,沖縄の青い海を想像していましたが,実は,山口県防府にありました。

防府市の東,富海(とのみ)海岸がその場所。

山口県防府市出身の作詞家の有馬三恵子が,生まれ故郷の富海の海をイメージに作詞したとのこと。

有馬三恵子の作詞の曲には,南沙織の多くの曲,伊東ゆかり「小指の想い出」,いしだあゆみ「こまらせたいの」など往年の名曲が並ぶ。

それ以外にも,カープ応援歌「それ行けカープ 〜若き鯉たち〜」、「ゴーゴーカープ」、「ヴィクトリー・カープ」等の作詞もしている。