2018年1月11日木曜日

これは◎!:牡蠣小屋に行ってきた



今年は、牡蠣の成長が遅いらしく、いつもリピートしている牡蠣小屋はまだオープンしていない状態。

そこで、すでにオープンしている行橋市蓑島牡蠣小屋に初めて行ってきた。関門海峡を越えてからだと車で40分くらいのところ。

説明によると、ここの牡蠣は英彦山から流れる栄養豊富な水で育ったプランクトンを餌としてよく育っているとのこと。

車で蓑島漁港に着くと、すぐに「蓑島牡蠣直売所」の登りが見えてくる。「豊前海一粒かき」という看板も。

2ケ所の直売所兼牡蠣小屋があるようで、手前は車でいっぱいだったので、奥まで行く。永田カキ直売所とあった(もう1つは、蓑島カキ直売所)。

受付で、まずカゴに入った牡蠣を選ぶ。大粒と小粒が選べて、いずれも1キロで1000円。当然大粒を選ぶ。あとで数えてみると、1キロで10個くらい入っていた。

受付で、牡蠣ご飯も注文して、小屋に案内される。受付の小屋と牡蠣小屋は後ろでつながっていて、内部を移動して小屋の方へ。

炭入りコンロが乗ったテーブルに案内してもらって座る。トング、軍手、ナイフ、ポンズと必要なものは準備されている。レモンならぬカボスも切って置いてあった。

牡蠣の身の大きさはもう十分大きい!メニューにはなかったが、牡蠣フライはできるかと聞いたら、できるとのことで早速注文。タルタルソース付きで絶品!(ちょっと揚げすぎだったが、美味しさに溺れて写真をとり忘れる)

牡蠣の身は大きく、今まで行った中では最上級レベルでしょう。これを食べたら、スーパーの牡蠣が食べれなくなる。



以下は、データ。

永田カキ直売所
住 所 〒824-0011 福岡県行橋大字蓑島470-5
電話番号 0930-24-1296
開催期間 2017年11月11日~2018年3月末頃
営業時間 カキ小屋営業:10:00~17:00
定休日 水曜日(年末は12月24日まで・年始は要確認)
HPはココ


テーブルセット代 1,000円
牡蠣1かご1,000円  大粒(1kg)・中粒(1.3kg)・小粒(1.7kg)
カキ飯(土日祝限定)500円
持ち込み ウインナー・肉以外は持ち込みOK
ドリンク(お酒など)持ち込みOK
エプロン完備





永田かき直売所














隣接する牡蠣小屋
















牡蠣を選ぶ。迷わず、大粒。

小屋の中の光のせいか、写真が可愛そうな青色に。目では青くは見えなかったのですが。。
牡蠣ご飯。なぜか甘い味付け。
テーブルセット。コンロがテーブルの上に乗っている。エプロンも貸してもらえます。