2018年4月14日土曜日

そうなんだ:マクドナルドのロゴ「M」の意味


ハンバーガーチェーンのマクドナルドのロゴはご存知Mの形をしています(↓)が、イニシャルのM (エム)から来ていないようです。

マクドナルドの歴史は古く、米国カリフォルニア州のマクドナルド兄弟が1940年にハンバーガー店を始めたのが最初。

その後、ミルクシェイク用ミキサーのセールスマンだったレイ・クロックがマクドナルド兄弟のハンバーガー店の効率の良さをみて、フランチャズ権を買い取る。そして、1955年に1号店をシカゴにオープンさせた。

シカゴの1号店には行ったことがあるが、建物の上部に設置されている「ゴールデンアーチ」(↓)が、実はマクドナルドのロゴのMの由来。

今は記念館になっていてお店自体は入れず、その横に現代のマクドナルドのお店があった。

ところで、中国のマクドナルドは、漢字で書かれていて、マクドナルドの発音から「麦当労(まいだんらお)」だった。ところが、昨年から「金拱門」に変わった。「金拱門」はまさに「ゴールデンアーチ」が由来。


初期のマックのロゴ。キャラクターの名前は、「スピーディー」

















シカゴにある1号店。黄色のアーチがMのロゴの由来。Mの文字に見えますよね。

















中国の最新のロゴ。「金拱門」は「ゴールデンアーチ」が由来。