2018年6月14日木曜日

そうなんだ:「つむじ風」と「竜巻」の違い



以前は運動会は秋にありましたが、今は春から初夏が多いみたいですね。秋だと、練習を夏の暑い時期にやらないといけないし、文化祭など他の行事があるなどが理由で、春にシフトしたのが理由みたい。

ニュースで運動会で「つむじ風」が発生して、テントが飛ばされたり怪我したというニュースがありました。ところで、「つむじ風」と「竜巻」は違うのでしょうか?

調ベてみると、「つむじ風」(気象用語では「塵旋風(じんせんぷう)」というそうで、
英語ではダストデビル(Dust devil)と呼ばれる。ちなみに、「竜巻」は(Tornado)。

「つむじ風」は、太陽光で地表が熱せられて上昇気流が起きることで空気の流れが渦を巻いて発生する。運動場のような平地で起きやすい。

一方「竜巻」は、寒気と暖気の接する前線で大規模な上昇気流で積乱雲ができ空気の渦が発生する。雹(ひょう)や霰(あられ)を伴うこともある。風の強さは家屋を壊すほどに強い。