2018年11月8日木曜日

流行語大賞2018ノミネート発表:勝手に大賞予想



毎年この時期に発表される「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が発表されましたね。いつも大賞を予想してみるのですが、毎年ハズレ。

だったのですが、昨年は「インスタ映え」と「忖度」の2つのうち、「忖度」が当たりました。今年も予想してみましょう。

発表された候補30語は、以下の通り。

・あおり運転
・悪質タックル
・eスポーツ
・(大迫)半端ないって
・おっさんずラブ
・GAFA(ガーファ)
・仮想通貨/ダークウェブ
・金足農旋風
・カメ止め
・君たちはどう生きるか
・筋肉は裏切らない
・グレイヘア
・計画運休
・高プロ(高度プロフェッショナル制度)
・ご飯論法
・災害級の暑さ
・時短ハラスメント(ジタハラ)
・首相案件
・翔タイム
・スーパーボランティア
・そだねー
・ダサかっこいい/U.S.A
・Tik Tok
・なおみ節
・奈良判定
・ひょっこりはん
・ブラックアウト
・ボーッと生きてんじゃねーよ!
・#MeToo
・もぐもぐタイム

さて、どれだけご存知でしたしょうか。ちなみに私は、22個でした。

平昌冬季五輪で銅メダルを獲得、列島にブームを起こしたカーリング女子からは、「そだねー」と「もぐもぐタイム」の2つも選ばれている。

スポーツ界からは、大谷翔平の「翔タイム」、大坂なおみの「なおみ節」、高校野球の「金足農旋風」、サッカーの「(大迫)半端ないって」が上がっている。

大学アメフトの「悪質タックル」、日本ボクシング連盟の「奈良判定」などスポーツ界の不祥事も候補になった。

「#MeToo」は、全世界レベルのセクハラ反対運動だが、ちょっと大賞候補には弱い。

ちょっと前に、このBlogでも紹介した、NHK「チコちゃんに叱られる」で一気に広がった「ボーッと生きてんじゃねーよ!」もインパクトがありますね。

いつもながら勝手な予想ですが、結局「そだねー」にします。誰もが楽しく使っていましたから。さて、当たるでしょうか?