2018年11月19日月曜日

コーヒーミルを新らしく購入「ナイスカットG」これは◎



たまたまネットの製品評価を読んで、これは買ってみないとと思って、コーヒーミルを新らしく購入しました。

コーヒー機器メーカーのカリタの「ナイスカットG」という電動ミル。今まで手動タイプを使っていたのですが、この電動ミルだと、豆を引いた後からコーヒーの香りが素晴らしく、もう戻れないかも。

2016年に、カリタの電動ミルの名機「ナイスカットミル」が廃盤になって、新登場したのが「ナイスカットG」。

コーヒーの美味しさを決めるのは、コーヒー豆の種類と、その焙煎、入れ方、入れる水などと一緒に、コーヒー豆の挽き方も大事。

挽き粉のサイズが細かいと、お湯の浸透が早く、抽出に時間をかけてしまうと、雑味成分が出やすい。一方、粉のサイズを荒くすると、お湯の浸透に時間がかかり、十分のコクや香りが抽出しきれない。

粉のサイズが、大きいものと小さなものが混ざって不均等だと、せっかくの豆の美味しさを出しきれなくなる。美味しいコーヒーのためには、均一サイズに挽くことが求められる。

今回買ったコーヒーミルには、コーヒーの専門店に置いてある専用ミルの小型版。そのフォルムが可愛らしい。

ダイヤルを変えると、様々なサイズに均一に挽くことができる。細かくすると、サイホンやエクスプレッソにも使える。

使ってみた感想ですが、電動なので挽く時間が短く済み(20グラムで1分弱)、挽いた後のコーヒーの香りが素晴らしい。さらに、今までに味わえなかった酸味系の味が出てくる。

豆は、1回に50グラム(5人前)まで挽ける。

「ナイスカットG」の価格は、19,800円。一生ものと思えば、高くないかも。