2018年12月15日土曜日

今さら聞けない:交差点「右折」「左折」どちらが優先?



車の免許を取ってから時間が経つと忘れてしまうためか,交差点で「右折」「左折」のどちらが優先か分かっていない人が案外います。

もちろん「左折」が優先。正確には,直進車、左折車、右折車の順。

右折しようと交差点に入ってきて,後から左折車が入ってくると,早い者勝ちのように,先に右折する車を時々見かけます。

道路交通法第37条には,「交差点で右折する場合、直進、又は左折する車両等があるときは、その進行妨害をしてはならない」とあり,「右折」は最後になります。

警察が見ていていて捕まると,これだけで,「交差点優先車妨害違反」になり、反則点数1点、反則金6000円(普通自動車)になる。

もしも交差点内で左折車と右折車が接触事故を起こした場合、保険の過失割合は、左折車3:右折車7になる。

また,交差点に入る前に,右折車はあらかじめ道路の右に寄ってから右折しないといけない。これを怠ると,右折方法の違反となる(道交法34条2項)。

道路ではキープレフトが基本なのですが,右折に伴って3秒以上ウインカーを出して右に寄る(2車線の場合は,右レーンに入る)。

ついでですが,交差点で右折後、車線が2車線ある場合,右車線と左車線のどちらに入るべきでしょうか?

答えは,左車線。道路ではキープレフトが基本。