2014年4月11日金曜日

温泉の基準変更 妊婦も大丈夫

環境省は今月、温泉の入浴を避けるべき禁忌症の中から「妊娠中」を削除することを正式に決めた。

温泉の脱衣場には、その温泉の源泉名、泉質、泉温、成分、禁忌症、適応症、入浴上の注意等が掲示されている。

禁忌症、適応症の説明は、普通以下のようなもの。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<一般的禁忌症>
急性疾患、(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)

<療養泉の一般的適応症>
  神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

これらは、都道府県で登録された分析機関による分析結果をもとに、都道府県知事が禁忌症、適応症、入浴・飲用上の注意を決定し、その結果が掲示されている。

環境省は、今回この注意基準を32年ぶり見直した。「妊娠中は入浴を避けるべき」とする従来の規定を削除することを決めた。1982年に定められた温泉法の基準では、重い心臓病などとともに、妊娠中、特に初期と末期は入浴を避けるべき「禁忌症」に挙げられていた。

当時、妊娠中は特に初期と末期では状態が不安定であることなどから、入浴を避けるべきだと考えられたらしいが、専門の学会に調査を依頼した結果、医学的な根拠がないことが分かった。

また、「適応症」の中に、睡眠障害やうつ状態などの「ストレスによる諸症状」と「自律神経不安定症」を新たに加えられた。

環境省は今後、新たな基準を都道府県などに通知する。

温泉の基準変更